小川エリ おおきにブログ★

大阪発エレジー、切なさと優しさが心響かせる透明の涙声 ギターとピアノを自由に使いこなす弾き語りスタイルで 東名阪を中心に、全国を股にかけ活動中! 時に元気が出るような、時にハッとさせるような 歌詞を大事に曲を紡いでいます。

梅田の歩道橋。
冬の匂いがしたね。
だって言うてもう
11月。
さむーい。
腹巻きをしなきゃまずい(爆)
おなかいたくなるよー
聞く方も腹巻きをつけて路上に参加しましょう(笑)

いやはや
遅い時間帯はアンプなくていいね。
なんか荷物重たいし
(・_・;)

ぼちぼち梅田
出没してくんで
よろしくっ
(≧ω≦)b

残業とかいう
悲劇。
はあ
何処でしようか
とりあえずソッコー場所見つけるぞ!

今日は路上を
大阪、またの名を梅田でやりたいと思っておりますo(^-^)o
時間は21時半以降だね~

場所探すからすくなくとも22時には始めて一時間半くらいは歌いたいね(*^_^*)

また随時
流れをあげますんで☆
今日は梅田!
ここの場所おすすめ♪とかありましたら教えて下さいね
(o~-')b
今日はアンプも看板もフライヤーもCDもある~♪
よろしゅうにい
(≧ω≦)b

旭区音楽祭。

なんか
ピアノの発表会を思い出しました。
尼崎の区民ホールみたいなとこで
毎年ピアノ発表会があったもんで
その雰囲気を思い出しなにやら懐かしかったやね。
子犬のワルツとかトルコ行進曲とか弾いてたさ、もう忘れて弾けないけど苦笑


今日は梅田をふらふらした後。
思いたちミナミへ。
なんかミナミが小川を呼んでいた。
また看板もCDも持たずゲリラ路上。
風邪で病み上がりやけどなかなか楽しかった(o~-')b
聞いて下さった皆々様、ありがとうねえ☆★
ちなみに
明日もゲリラ路上するかも。
梅田あたりで。
でも遅いかも。
また明日の昼間あげまーす。

今日の会場にいくには
梅田からバスが便利かもo(^-^)o
駅から遠いし~

梅田からバスなら
市バス33系統
新森公園行き
旭区民センター前で降りる感じです
(o~-')b

20~30分間隔で出てる感じ。
お試しあれ★
降りたら真向かいがその建物ですわ♪

在り音の余韻も
冷めきらないまま
今日のオトシンは
旭区に出没します
(*^_^*)

場所は
旭区民センター

アクセスは…
地下鉄谷町線「千林大宮」駅下車徒歩10分

市バス「旭区役所区民センター前」すぐです

お問い合わせは…

旭区コミュニティ協会
06-6955-1307
旭区役所区民企画担当
06-6957-9734

まで

ちなみに出演グループ、出演時間などの詳細は旭区民音楽祭公式ウェブサイトをご覧下さいませ

http://asahi-ongakusai.net/
※PC専用。

オトシンは13時くらいの予定です
あ、無料ですよ
(^o^)/

こっそり
ニューシングルも持参してます(^_^)v

10/31
オトシン企画!
在り音!

無事終了致しました
(*^_^*)
来てくれた皆々様
出演者の皆々様
助けて下さった皆々様。ほんま感謝感激です。
気合い入れて作ったCDも今回はがんがん売れてもう嬉しい限りです☆
なんか色々初な試みが多数あった故いたらない点もあったかもですが
ほんま
楽しく終われて
これもひとえに皆々様のおかげ!
ほんまありがとうございますo(^-^)o

ちなみに
打ち上げた後
翌日ミナホ気分を味わいに難波ハッチに。ひとりミナホ。

しっかし
風邪も治りきってないため
オールはほんま無理でした……

うう……
(;_;)

風邪め(ToT)

終電で大人しく帰りましたとさ……

あ、
でも一番最初に出てたコトリンゴさん
めっちゃつぼでした
原郁子さんみたいな雰囲気で
すっげー
良かった。
普通にライブみに行きたい感じ。

来年こそは出てる側になりたいね~
(^_^)v
みんなミナホは楽しんでるかい?
(*^_^*)

雰囲気ですよー♪

今日は
自主企画イベント『在り音』の日★
皆々様、是非遊びに来てくださいねo(^-^)o
22時くらいまでわいわいします☆

お楽しみに
(*^_^*)

■オトシン企画イベント
『在り音』
~オトシン2ndシングルレコ発~
10/31(金)
@緑橋SEVENDAYS

OPEN18:00 START19:00
1500円(+1drink)
※18:30くらいからミニライブ等企画あります♪
出演者:正角竜太、森重龍、サヨ、オトシン、yuno

【アクセス】
地下鉄中央線『緑橋駅』、4番出口から出て
左方向に進んでください。
すぐに『ローソン』がありますので
ローソンの角を左折します。
次の通りを右折して直進50mほど行きますと
『SEVEN☆DAYS』のネオン輝く看板が見えます。
そのお店が『SEVEN☆DAYS』です。

↑このページのトップヘ