小川エリ おおきにブログ★

大阪発エレジー、切なさと優しさが心響かせる透明の涙声 ギターとピアノを自由に使いこなす弾き語りスタイルで 東名阪を中心に、全国を股にかけ活動中! 時に元気が出るような、時にハッとさせるような 歌詞を大事に曲を紡いでいます。

2008年03月

どうして人は本を読むんだろう?

楽しいから
暇つぶし

人によってきっと色々あるね

そこから始まって
色々なんとなく
考えてみた
思ったことの手記みたいなもんだから気にしないでね


本によって人は
感動や共感を得たり
あるいは戦慄を覚えたり
夢や希望を探したりする
挙げていったりキリがない

自分にない世界に一時的に潜水していくような
そんな感覚を覚えたり
自分の中にないものを補填していったり

私はそれが素晴らしい時間だと考える
自分にはない
考えや世界に触れられるのはすごいことだと

あの紙切れの束に
そんな力があるんだなあと改めて感動し、
怖くもある

あの、文字の集合体には人にそれだけの影響を与えうる力があるんだと

何千何万人の人が
多種多様の本を書き
多種多様の本を手に取っている

自分一人が
本を読み
本から何かを感じとっているわけではない

文字って
言葉って
凄まじい

今私は本に触れることによって
色々な考え方や色々な世界を吸収していっている
それが
自分にとっていい方向に作用していると考える

だけど

本は
文字は
言葉は
その真逆の作用ももちろん生み出すことだって出来るわけだ


何千何万人の人が
影響をうける

文字や言葉を紡ぐ者
発する者は
その責任を
受け止めなければならないんだな

漠然と考えた

私は今
シンガーソングライターなわけだ

メロディという媒体に乗せて歌詞を紡いでいる立場だ

本にせよ、映画にせよ、演劇にせよ、音楽にせよ
触れて自分に何かがあるから人はそれに触れるわけだ

大なり小なり
自分も発信者だから

責任を持って
自分の世界なり
言葉なりを発信していかなくちゃいけない

もっと
もっと
貪欲に言葉の海に浸かりたい

発信者である責任を持って敏感な受信者でありたい

言葉が、文字がこの世にあって良かった


長い変な日記でした(汗)

だったので
今日はばっちりメイクで路上に望みます☆

楽しみにしていた
通販雑誌haco.の大好きなブランド、nusyのカーディガンも届いたので早速来てうきうきっす
下手すりゃ最近は
雑誌の触れ込みやないけどお店よりお気に入りだったりします(^-^)/
ただ外れもあるけどね~
しかしカーディガンフェチとしては嬉しいかわいいカーディガン♪
また写メアップします(・ω・)/

あ~
嬉しいな~
昨日とかばり沈みこんでたからな~

今日の路上は全然知らん土地でやりまっす
うへ~


ちなみに
マーチンの不二子にピックアップいれました♪
これもめでたい('-^*)/
3/24の新宿サクトで御披露目☆
めっちゃええ音やからこれも楽しみ。
ちなみに今日の路上は不二子とです。
いってきまあす。

なんか寒くて
涙が出そうな日もあるね
人恋しいというか
なんというか

東京の方が、特に金曜日、土曜日なんか人がいっぱいいて

ほんまたくさんの人がいて、スクランブル交差点にももうすっかり慣れたけど

様々な人たちは
幸せそうだったり
俯いてたり

うちはどんな顔してるかなあ
自分じゃあわからん

ただ
もうちょっと

もうちょっとで
きっとよくなる

今は我慢

春が来たらきっと全部良くなるから

って
誰かの台詞みたい(笑)


独り言だわさ

自分のせなあかんこと、ちゃんとしよう。

080301_1606~0001.jpg
3月ですよ

明後日はひな祭り
去年はひな祭りはライブをしていたような

今年はひな祭りっぽいものをせめて仕入れよう
季節には敏感でいたい

ただでさえ
時は流れるように過ぎていくから
日本人である限り
四季は感じてたいね

写真は春っぽい桜まん

季節限定モノに必ず目がいく~
これはもらったモノ
嬉しいな~

時がたつといえば
そういえば
オトシンのアルバム出してもうすぐ一年やよ

一年かあ
早かったあなあ

色々あったなあ

みんなもきっと
色々あるやんね

今日職場でさあ
なんか友達の話になってな
みんな友達なんかめんどくさいし作らんて
言うてた
付き合い金かかるしって
親友とかもちろんおらんて
たまたまそういう人らがおっただけかもやけど

なんか寂しかった

人と人てそんな薄いもんかいな
うちにも友達の定義なんかもわかりゃしないけど
どっかムリして遊びにいかなあかんもんかな

しんどいときそばにおるツレがおったらうちはそれでええな

みんなせかせかして通り過ぎてくね
日々、忙しいんよ

顔だけ笑ってるのは簡単。やけど心から笑うんは意外と難しい。

春が来るよ

もっとみんな
笑えたらええね。

↑このページのトップヘ