自分と同じ
姿を見た気がした

今から一年前の
僕の頭の中は
何色だったのか

もう遠く霞みがかかった夢の中の話みたいだ。

客観的に見た
当時の姿は幼すぎた。その姿とちょうどかぶる。

あの時の僕には
何が正しかったんだろうか?
今の僕にすら
それは分かりやしない。

でも
この吐きそうな嫌悪感ですら
僕の糧になるんだろう。
嘲るなら
嘲ればいい
僕は僕を生きる。

ただ…
今はこの嫌悪感をもて余しそうだ